小説

お尻ペンペンのある刑務所

特別な刑務所である「懲罰の館」。人々が罪に対する最後の機会を受け、心の矯正を受ける場所だった。この刑務所での懲罰は特異で、お尻ペンペンが一般的な方法であった。

圭太は浮気の罪でこの刑務所に送り込まれた。彼の担当刑務官である詩織は見た目は美しいが、非常に厳しい性格を持つ30歳の女性だった。詩織の後輩である綾香も同様に厳しいが見た目は童顔で可愛らしい女性だ。

圭太が刑務所に到着した日、詩織は冷たく彼を出迎えた。

「ここは普通の刑務所とは違う。あなたの罪に対しての懲罰は、心の矯正が目的よ。覚悟はできてる?」詩織が冷たく言った。

圭太は顔を伏せ、「はい」と答えた。

その後、お仕置きの部屋に入り、詩織は木製の椅子と木のパドルを指し示した。

「お仕置きは三段階で行われる。最初は囚人服の上から100回、次にズボンを下ろして100回、最後に下着も降ろして100回。これがあなたの罪に対する懲罰よ。」

圭太は震えながら詩織の膝の上に乗り、詩織によって厳しくお尻ペンペンが執行された。

「痛っ!」彼は悔しさと恥ずかしさで叫んだ。

ズボンを下ろす段階になり、お仕置きは詩織から綾香に交代した

綾香は圭太のズボンを下ろし、「次は私がしますね。」と言った。100回のお仕置きが続いた。

圭太は耐えきれず、「もうやめてくれ!」と叫んだ。

「反抗するのですか?」詩織は冷たく尋ねた。

「これ以上はやめてくれ!」圭太は懇願した。

「反抗のため、追加の罰を与えます。」詩織は厳しく言い放った。

下着を降ろされた圭太は、追加の200回のお仕置きを受けた。彼のお尻と陰部が露出され、恥ずかしさと屈辱が増していった。

お仕置きが終わると、詩織は下着を没収し「この状態で一時間立っていなさい。」と命じた。

圭太は涙を流しながら立ち続けた。その間、他の女性刑務官もその様子を見ていた。