小説

スパンキングオフィス

優は、ある普通の日の朝、新宿の煌びやかなオフィス街の一角に位置するスタイリッシュなビルに入った。中には彼が働く麗華商事があり、その雰囲気は彼が大学を卒業して初めて働く場所としては過度に緊張感を漂わせていた。彼の左手にはブリーフケース、右手には新しい職場での期待と緊張が握られていた。

彼の上司である春香先輩は、美しい女性で、知識と経験で裏打ちされた力強さを持つ女性だった。彼女は彼に細かい指導をしてくれるが、怒らせると非常に怖い。彼の同期の桃は、可愛らしい顔立ちをした女性で、いつも明るく、周囲を励ます存在だった。そして、部長の彩さんは、美しく、頭脳明晰で、部下に対しては常に厳しいスタンスを貫く女性だった。

その日、彩部長は会議室で全体ミーティングを開き、数分間の激しい議論の末、新たなプロジェクトを優と桃に任せることを決定した。彼らはこの重責を受け入れ、事業の成功に向けて努力を始めた。しかし、彼らが準備を始めても、ミスは必然的に起こる。彼らが初めて大きなプロジェクトを手がけること、それ自体が難題だった。

「優、桃、このプロジェクトは私たちの会社にとって重要なものよ。私たちは失敗を許す余裕はない。」と彩部長は言った。

数日後、優は春香先輩の厳しい指導の下、膨大な量のデータを分析し、レポートを作成した。しかし、レポートの中には些細なミスが散見され、それは彩部長の目に留まった。

「これは何ですか、優?」彩部長が尋ねた。「あなたが調査したデータが間違っています。これは大きなミスです。私たちのクライアントに対する信頼を損ねます。」

優の心臓がドキドキと鼓動を打つ音が耳に響き、春香先輩と桃の顔も青ざめた。

「これは、お仕置きが必要ですね。」と彩部長は静かに言った。

彼女の言葉が聞こえた瞬間、優は驚愕し、同時に胸が高鳴った。彼が耳にした噂では、この会社では仕事のミスや成果が出ない場合、お仕置きがあるということだった。それが、優の背筋を凍らせるスパンキングだった。そんな優の心境を知ってか知らずか彩部長は冷たく言い放った「春香、優にお仕置きをしなさい」

春香先輩は、木製のスパンキングパドルを手に持って立ち上がり、優に近づいた。「優、立って」彼女は言った。優は緊張に身構えながらも、立ち上がった。彼の顔は白く、その眼差しは恐怖と期待で一杯だった。

彼はゆっくりと春香先輩の前に進み、その後、彼女の指示に従い、デスクに身体を乗せ、お尻を突き出した。その姿は一部始終、桃や彩部長に見られていた。桃は驚きと同情で目を見開いた。

春香先輩は彼の尻にパドルを軽く当て、握った手を振り上げた。そして、一瞬の沈黙の後、空気が破られ、痛みと音が優の全身を貫いた。優は思わず「うっ」と声を上げた。その後、彼女はさらに30回パドルを振り下ろした。無慈悲なパドルの音と痛みが彼の意識を支配した。

次に春香先輩は「ズボンを下ろしなさい、優」と静かに命じた。彼の腰からスーツのズボンがゆっくりと滑り落ちると、彼の脚は震えていた。その後、再び春香先輩のパドルが彼の下着の上から打たれ、優の顔はお尻と同じくさらに真っ赤になった。

そして、最後の段階に移った。春香先輩は「まだ終わりじゃないわよ。下着を下ろしなさい、優」と冷静に指示した。優の緊張と恥ずかしさはピークに達し、彼の手は震えていた。しかし、優は命令に従い、下着を下げた。その瞬間、彼の露出された尻と陰部が、春香先輩や彩部長、桃の目前にさらされた。

その後、彼女はさらに30回パドルを振り下ろした。

お仕置きが終わると、優のお尻や頬は真っ赤で、その目は泣きそうだった。しかし、同時に、彼の心は解放感に包まれた。彼のミスによる罪悪感は、そのお仕置きで少しは晴れたように感じた。

「次にミスをしたときは、更に厳しいお仕置きよ、覚悟しなさい」彩部長はそう一言伝え、部屋からでた。