小説

校則違反のお仕置き:スパンキングのある学園①

明石学園。明確な規律が求められる高校だ。厳格な校則を設け、それを遵守することが求められていた。そんな学校で教鞭を振るうのが、友里恵先生と由美先生だった。

香菜は美人で成績優秀な高校二年生の生徒だった。しかし、恋人との交際が露見し、校則違反の烙印を押されてしまった。彼女は二人の先生に呼び出され、待機室に足を運んだ。

部屋の一角にはお仕置き道具が並べられていた。皮で覆われた板、木製のラケット、そして鞭。それらを目の当たりにした香菜の脚は震えて止まらなかった。

「香菜、前に出てきなさい。」友里恵先生が冷たく命じた。その声に怯えながら、香菜は机に手をついてお尻を突き出した。

最初にお仕置きを執行したのは友里恵先生だった。彼女は皮のパドルを選び、香菜のお尻に対して力強く振り上げた。

「ひとつ!」パドルがスカートの上から香菜のお尻に打ち下され、その衝撃に香菜は声を上げた。友里恵先生は次の一撃に移り、振り下ろし続けた。スカートを通しての打撃は十回、その度に香菜の悲鳴が部屋を満たした。

次に由美先生が前に進み出た。「今度はスカートを脱いで、下着だけで。」その言葉に従い、香菜はスカートを脱ぎ、白い下着だけが露出する状態になった。由美先生は木製のラケットを手に取り、香菜の尻に対して力強く打ち下ろした。

「ひとつ!」と由美先生がカウント。繰り返される打撃は十回、香菜の悲鳴は次第に大きくなった。

「さあ、次は下着も下げて、お尻を出しなさい」由美先生の命令に従い、香菜は恥ずかしさを押し殺し、白い下着を膝まで下げた。裸のお尻が完全に晒され、部屋の空気は一層緊張感に満ち溢れた。

最後にお仕置きを執行したのは、再び友里恵先生だった。彼女は今度は鞭を選び、香菜の裸のお尻に対して力強く振り上げた。独特の音が部屋に響き、それと同時に香菜の悲鳴が高く上がった。

「ひとつ!」と友里恵先生がカウント。その音と共に鞭が香菜の尻を打つ。打撃は続き、十回、香菜の悲鳴は一層大きくなった。

お仕置きが終わると、香菜は泣き崩れ、その場に倒れ込んだ。しかし、友里恵先生と由美先生の表情は厳格さを失うことはなかった。

「香菜、校則違反の重大さを肌で感じてもらったと思う。これからは、しっかりと規則を守ること。それができなければ、また同じことになるわ。」友里恵先生は冷たく言葉を投げかけた。

香菜は涙を流しながら頷いた。この経験が彼女の心に深く刻まれ、二度と同じ過ちを繰り返さないことを誓った。